HOME » なんでも解決!リフォーム全般Q&A  » さいたま市で利用可能な補助金制度でお得にリフォーム!

さいたま市で利用可能な補助金制度でお得にリフォーム!

リフォームをするには多額な費用がかかる場合も多いですが、そんな負担を金銭面からサポートしてくれる制度として「補助金・助成金」と「減税」があります。

定められた条件を満たしていれば利用できますし、何より数十万円から数百万円単位の金銭的サポート・メリットが得られるわけですから、これらを利用しない手はありません。

さいたま市で利用できる主なリフォームの補助金制度や助成金制度、減税制度などを以下に一覧形式でまとめてみました。

利用できそうな制度がないか、ぜひ参考にしてみてください。

さいたま市で利用できる主なリフォーム補助金・助成金

埼玉の家 耐震・安心・エコリフォームローン

埼玉県内の「自己居住専用戸建住宅」または「賃貸共同住宅」においてリフォーム工事を行う際に、融資を受けられる制度です。

条件

埼玉県が定める「耐震リフォーム基準」「安心リフォーム基準」または「エコリフォーム基準」のいずれかに該当する工事であること。

補助内容/返済期間

直接問い合わせ

詳細

http://www.pref.saitama.lg.jp/a1107/renkei/renkei-tr.html

さいたま市勤労者支援資金融資(住宅資金)

条件を満たした市内での勤労者に限り、新築や住宅の購入、現在居住している住宅のリフォームに必要な資金を融資してくれる制度です。

条件

下記すべてに該当する勤労者

  • 1年以上市内に居住している
  • 1年以上同一の事業に勤務している
  • 満20歳以上満65歳未満である
  • 前年度の市県民税および固定資産税を完納している
  • 安定した継続収入が150万以上ある

補助内容/返済期間

上限300万円の融資/10年以内

詳細

http://www.city.saitama.jp/001/005/005/p014083.html

浸水住宅改良資金融資

住宅への浸水を防ぐための改良工事を行う際にかかる費用を融資してくれる制度です。

条件

  • 土地または住宅が自己所有である
  • 市税を完納している
  • 一時的に工事費を自己資金で負担できる
  • 資金の償還・利子の支払いができる
  • 連帯保証人をつけることができる

補助内容/返済期間

上限300万円の融資/100万円以下は5年以内、100万円以上は10年以内

詳細

http://www.city.saitama.jp/001/007/009/p000007.html

耐震補強助成制度

耐震診断を実施したところ「地震が起きた際に安全ではない住宅構造」であると判断され、耐震補強を行う場合に補助金を利用できる制度です。条件や助成金額などは状況によって異なるため、詳細は以下URLからご確認下さい。

詳細

http://www.city.saitama.jp/001/007/002/p002706.html

高齢者・障害者向けリフォーム補助金・助成金

介護予防高齢者住環境改善支援事業

自宅での転倒などによって高齢者が要支援・要介護状態となることを防ぐため、リフォームを行う高齢者が補助金を利用できる制度です。

条件

下記すべてに該当する65歳以上

  • 1年以上市内に居住している
  • 在宅での生活をしている
  • 介護保険料の滞納がない
  • 身体機能低下によって要介護状態等になる恐れがあると判定されている

補助内容

  • 介護保険料第1〜2段階の高齢者:対象経費相当額(限度額15万円)
  • 介護保険料第3〜12段階の高齢者:対象経費の2/3(限度額10万円)

詳細

http://www.city.saitama.jp/007/007/007/p018981.html

居宅改善整備費補助事業

肢体不自由者・児が、より生活がしやすくなるよう、現在居住している住宅のリビング、浴室、トイレなどの一部をリフォームする際に補助金を利用できる制度です。

条件

身体障害者手帳を所持しており、肢体不自由1級〜3級の方

補助内容

改善費用の2/3(限度額30万円)

詳細

http://www.city.saitama.jp/002/003/004/003/003/p001355.html

その他の助成金・補助金

太陽光発電の助成制度

太陽光発電システムを始めとした省エネルギー機器の導入に対して助成金が交付される制度です。

防犯対策助成制度

防犯カメラやセンサーライトなど防犯機器の設置に対して助成金が交付される制度です。

ブロック塀等除去事業補助金

地震等で倒壊する恐れのあるブロック塀等の除去に対して助成金が交付される制度です。

屋上緑化事業の助成制度

住宅やオフィスビルの屋上・壁面・ベランダの緑化に対して助成金が交付される制度です。

リフォーム減税

所得税の控除

対象となるリフォームと減税額

  • バリアフリー:最大200万円
  • 省エネ:最大250万円
  • 耐震:最大250万円
  • 三世代同居:最大25万円

※住宅ローンを借りる場合、償還期間が5年以上の「ローン型減税」、償還期間が10年以上の「住宅ローン型減税」の利用も可能。その際は、減税額はさらにアップします。

固定資産税の減額

対象となるリフォームと減税割合

  • バリアフリー:3分の1
  • 省エネ:3分の1
  • 耐震:2分の1

贈与税の非課税措置

満20歳以上の個人が親や祖父母などから住宅取得資金を受けた場合、一定金額までの贈与につき贈与税が非課税になります。非課税枠は、最大700万円。平成27年1月1日から平成31年6月30日までの時限措置です。

自治体のサポートを上手に利用してリフォームしよう

以上が主な補助金や助成金制度、減税制度のご紹介でした。ただし、各自治体や時期によっては内容が変更になる可能性もあります。さいたま市にお住まいの方もそうでない方も、最新・正確な情報を知りたい方は直接、市役所に問い合わせてみて下さいね。

達人三人衆が選ぶ!さいたま市のイチオシリフォーム会社3選